全経済が定期大会(9月19日)

▲ 大会冒頭あいさつする坂巻委員長

 全経済は、9月19日(土)、東京・新宿で、2009年(第74回)定期大会を開催し、運動方針、財政方針および予算などを決定しました。(詳報は、全経済新聞10月10日付に掲載されます)
 大会では、冒頭、坂巻委員長があいさつ、来賓として、国公労連・門田中央執行委員、共産党・吉井衆議院議員があいさつ、その他、政党・国会議員・友誼団体から多数のメッセージをいただきました。
 運動方針については、17人が発言し、活発な討論が行われ、採決の結果、いずれの議案も満場一致採択されました。役員では、坂巻委員長、矢津副委員長、信清常任中央執行委員が退任し、後任に伊波政昇委員長、二瓶光弥副委員長、金井聖能常任中央執行委員が選出されました。また、国公近畿ブロック事務局長就任予定の大屋武士さんが中央執行委員に選出されています。
 なお、9月18日には、全経済・産業技術総合研究所労働組合定期大会、全経済・製品評価技術基盤機構労働組合定期大会、経済産業局支部協議会総会、行政部会会議が開かれています。

<新役員>

中央執行委員
伊波 政昇 特許庁支部
中央執行副委員長
飯塚 徹 書記局
二瓶 光弥 産総研労組
書記長
廣澤 順一 特許庁支部
中央執行委員
金井 聖能 関東局支部(常任)
飯塚 盛康 関東局支部
上野 邦雄 書記局
渡辺 和明 産総研労組
高橋 成明 評価機構労組
大屋 武士 近畿局支部(近ブロ)